1995年にインターネットモデムが内蔵されたパソコンWindowsが登場してから、急速な展開で私達の生活の中にインターネットが普及していきました。当然のことながら、そのインターネットを使ってビジネスを思いつく人達が登場しました。現在いろんなネットビジネスが存在しているが、その中でも有名なのが「ネットショップ」。 それではネットショップの世界をのぞいてみましょう。

■ネットショップとは? ネットショップというのはインターネット上に自分の店を立ち上げて、そこで商品を販売してお商売をするという方法です。 実店舗と違い不動産を購入して建物を建設する必要がないので経費がとても少なくて済むというのが特徴です。 その他にも実店舗のように電気代、固定思案税等の経費がかからないので、実店舗よりもずっと少ない経費で運営できるというのが人気を呼びました。 その他にも顧客ターゲットが地域から日本全国、うまくいけば世界に広がるので、ネットショップは大きな魅力を持つビジネスとして人気を呼びました。 今では大抵の大手のでデパートやメーカーは自分達のネットショップを持っていますし、小さな田舎町の個人商店が年商何億もの売上を上げているというのはよく聞く話です。

■ネットショップの構築のお仕事 ネットショップ普及に伴い、ネットショップ構築者に需要がでてきました。 お店の看板を作り、商品をネットショップ上に出品するお仕事です。一見慣れれば誰でもできそうなお仕事なのですが、これがそう簡単にはいきません。 まずネットショップ構築者は見せ方が上手でなければいけません。 ネットショップには実店舗のように店員さんがいないので、ページの上で画像と文字を使って接客をする必要があります。 お客様が「買いたいな」という画像を作り、売り文句を考える必要があります。 つまり「売れるページ」と作ることがネットショップの構築者には必須条件となります。いくら芸術センスがありきれいなページを作ることができても、売れなければショップオーナーさんは納得してくれません。一つの商品にスポットを当て、どういう見せ方と表現をすればお客様が購入してくれるかという感性みたいなものが要求されるのです。

■まとめ これからますます需要が伸びるネットショップ。 構築者にもますます高いレベルの技術が要求されてきます。 これからの日本経済を柱となるのはネットショップと言っても過言でありません。 構築技術を身につけるということは大きな社会貢献となります。