なぜアフィリエイトの文章には専門用語を盛り込むべきでないか

アフィリエイトで稼ぎたいなら、サイトに文章も盛り込む必要があります。サイト運営者によっては、文章作成をクラウドソーシングなどで外注している事もあります。ちなみに文章には1つコツがあって、あまり難解な用語は盛り込まない方が良いでしょう。

難しい用語は使わない方が良い

サイトによっては、かなり難しいテーマを扱っている事があります。例えば法律関係のサイトです。車のトラブルや借金問題や遺産相続など色々ありますが、そのテーマ上難しい表現が出てくることもあります。「遺留分」や「異議申立」など聞いた事もない表現を見かけるケースも、よくあります。
そのような専門用語は、あまり書かない方が良いでしょう。専門用語を書くにしても、補足説明は必要です。読者にとっての分かりやすさだけは、重視する方が良いでしょう。

分かりやすく文章を書く

そもそもサイトに訪問している方の場合、たいてい何らかの情報を知りたがっています。上述の法律関係のサイトなら、債務整理というテーマを取り扱うこともあるでしょう。
債務整理というキーワードで探している方は、借金の解決策や弁護士選びの基準などを知りたがっている事も多いです。それなら、サイトには解決策などの文章も盛り込む必要はあります。問題は、その文章の分かりやすさなのです。
もしも書かれている文章が分かりづらいと、サイトに訪問した方はすぐに離脱してしまう可能性があります。離脱されれば、もちろんアフィリエイト報酬も発生しなくなるでしょう。それは少々もったいないです。
逆に、書かれている文章が分かりやすければ、サイトの内容をよく読んでくれる可能性があります。分かりやすさは大切なのです。

専門用語は控えて補足説明も心がける

分かりやすさといえば、上述の専門用語も軽視できません。上記の遺留分などの難解な用語だらけですと、それこそ訪問者の離脱率は高まってしまいかねません。法律のテーマを扱うにしても、あまり難解な表現は使わない方が良いのです。できるだけ噛み砕いた表現で、文章を書くよう心がけると良いでしょう。
ただし、補足説明してみる分には問題ありません。遺留分という表現にしても、「相続する財産の最低保証分」などの分かりやすい表現で補足説明すれば、離脱率を低くできる可能性があります。
ただ補足説明するにしても、やはり分かりやすさは心がけるべきでしょう。読者目線を強く意識して文章を書くよう心がければ、アフィリエイトの収益率も高くなる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です